Finance&Inbestment.net

投資の種類

投資の方法と手段

どの種類の投資においても資金を投資をする所に預けて、将来のある時点で投資した資金よりも多くのお金が投資家の元に戻ることを期待するものでありますが、種類によってそのシステムは大きく異なってくるようです。

でも、リスクとリターンが裏返しで、ちゃんとした知識を身に付けなければ、投資と思ってはいてもただの浪費になってしまうこともあるかもしれません。とはいっても、基本を身に付けていればそう難しいものではなく、今では投資は普通に生活していくためにも必要なものとなっているのです。

自分がきになる投資方法などがあればチャレンジしてみると、きっと将来に自分に良い形のリターンとして戻ってくるとおもいますよ。

  • 投資の種類として以下のようなものがあります。

株式(国内・外国)

企業が一般の投資家から資金を収集するために発行するもので、企業の仕事の業績などに伴い配当金が分配されます。株価が値上がりなどをした時点で、売却をして利益を獲得することも出来るのです。

投資信託

投資の専門家が一般の投資家から資金を募って「ファント」という基金を作って、株式市場などで運用をして利益が出た場合に利益が分配されます。沢山の投資家から資金を収集するために、ダイナミックで効率的な投資方法として人気が高いとされています。

債権(個人向け・国債)

国や企業から投資家がお金を借り入れし、時期ごとに利息がついて支払われます。最終の期限が事前に定められているため、その時期がくると全額返済されます。株価の上昇や、レートの変動といったものがなく、受取額が最初から明確になっていることが特徴です。

外貨預金

低い金利の日本円以外の通貨で預金をして、高い金利を目指すことです。レートの変動によって元金割れをするリスクがあるようなので、注意が必要となります。

注目サイト
iPhone  買取
http://kaumobile.jp/
f.o.kidsの販売
http://item.rakuten.co.jp/lyckatill/c/0000000151/

Last update:2016/3/25